人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お知らせ:次世代スマート工場関連の講演を3つ行います(8/26, 9/16, および8/18)

本サイトでも何度か書いていますが、(財)エンジニアリング協会の傘下で、3年前から『次世代スマート工場のエンジニアリング』研究会を組織し、幹事を務めて活動を続けてきています。現在、1省庁・2団体・3大学・20数社から50名ほどの参加会員を得て(オブザーバー参加含む)、「事例調査」「技術開発」「人材教育」の3分科会体制で進めています。

また、わたしの勤務先は、この4月から「ネクストファクトリー・ソリューション部」という新部門を立ち上げました。これまではエンジニアリング会社と言っても、石油・化学プラントや医薬品工場など、プラント系の色彩が強い印象だったと思います。しかし、もう少し一般的な意味での工場(ディスクリート系)にも、幅広く取り組むことをアピールしていきます。わたし自身、こちらの部門にもアドバイザーとして参画しています。

こうした活動が交錯し共鳴関係を生んだのかも知れませんが、この夏から秋にかけて、スマート工場づくりと、MESをはじめとする製造情報システムに関する講演をいくつか行うことになりました。まずは、今月・来月に予定している3件について、お知らせします。いずれもオンライン形式で、原則無償です。


1. 人材育成セミナー:「スマートファクトリー実現のための必要な知識を学ぶ」(8月26日 9:00〜12:30)

上記「次世代スマート工場のエンジニアリング研究会」の人材教育分科会は、スマート工場実現に必要な教育カリキュラムを開発し、多くの製造業の皆様に貢献したいと考えております。今回は、そのためのトライアル講義という位置づけで、そのため無償で提供することになりました。

主な受講対象者として想定しているのは、工場の中堅リーダー層です。とくに、突然、上層部から「工場をDX化しろ」と言われたが、何から手をつけたら良いか分からない、と悩んでいる方々に、自社のスマート工場実現のためのロードマップが描けるようになっていただくことを、目指しています。

ご承知の通り、人材不足問題は、スマート化やいわゆる製造業DX化において、しばしばネックとなっています。その理由の一つは、スマート工場が「工場全体をシステムとしてとらえる」視点を必要とするのに、現実の企業組織は縦割りになっていて、全体の関係やトレードオフが見えにくいからです。また、スマート化の利点やROIが説明しにくい、という問題も抱えています。

本来は座学とグループ演習を交えた3日間程度のカリキュラムを考えていたのですが、コロナ禍の続く現状を踏まえ、半日ウェビナー形式でご提供することにいたしました。その分、圧縮され中身の濃い講義となる見込ですが、ぜひこうした問題に自分で取り組んでみたいとお考えの皆様のご来聴をお待ちしております。

日時:2021年8月26日(木) 9:00〜12:30
 (昼休みにかかる時間帯で申し訳ありません)
 事前登録制、参加無料。

講演者と内容:(敬称略)
1.挨拶 ・・・ 研究会主査 松川 弘明 (慶応大学 理工学部 管理工学科 教授)
2.スマート工場入門「はじめの一歩」 ・・・ 講師:渡辺 薫(ゴールシステム・コンサルティング)
3.スマートファクトリー実現のためのアーキテクチャを学ぶ ・・・ 講師:佐藤 知一(日揮ホールディングス)
4.スマート工場 取組み事例紹介 ・・・ 講師:岡野 美樹(日本電気)

ウェビナー紹介サイト


2. 【スマート工場の実現に向けたDELMIA活用Webinar】(9月16日 13:30~17:00)

昨年に引き続き、製造業向け情報システムの分野をリードしている(株)エスツーアイさんが主催し、世界有数のMESベンダーでもあるダッソー・システムズさんが協賛されるセミナーで講演を行います。エスツーアイさんは地元・愛知県で長年、製造業に向けて、製品設計・BOM/PLM・MESなどのソリューションを実装してこられた、有力SI企業です。

そこで、ITソリューションの詳細については、エスツーアイさんとダッソー・システムズさんにお任せし、わたし自身は、「スマート工場実現のための三つの変革」と題し、 自動化、グリーン化、そして情報の統合化という課題について、お話しします。

日本の製造現場が直面する上記三つの変革は、いずれも重要かつ喫緊のものですが、経営層と現場の距離感のために、上位から明確な方針が下りてこない例も見聞きします。技術論とマネジメント戦略論のスキマに落ちてしまいそうなこの三つの課題、どう取り組んだら良いか、ぜひ一緒に考えてみたいと思います。

日時:2021年9月16日(木) 13:30~17:00
 事前登録制、参加無料。

講演者と内容:(敬称略)
1.オープニング
2.スマート工場実現のための三つの変革 ~ 自動化、グリーン化、そして情報の統合化 ・・・ 講師:日揮ホールディングス 佐藤 知一
3.DELMIA Aprisoによる製造プラットフォーム構築~海外事例編~ ・・・ 講師:ダッソー・システムズ DELMIA事業部  阿部 洋平
4.工場DX推進に求められるMOM基盤と原価管理 ・・・ 講師:エスツーアイ ソリューション推進センター 村瀬 太一

ウェビナー紹介サイト


3. 【スマート工場への変革ロードマップを描く ~ 製造業向けコンサルティングの新しい視点】(8月18日 19:00~20:30)

こちらは、中小企業診断士を中心とした研究会組織である「生産革新フォーラム」(略称:MIF研)の定例会講演です。わたしは20年以上もこの研究会のメンバーとして活動してきていますが、いつも新しい学びがあり、面白い場だと感じています。例年は必ず2回、工場見学会を行うのですが、あいにく昨年も今年もひらけずにいるのは残念です(会員が主催した「バーチャル工場見学」は行いましたが)。

このMIF研は、コンサルタントを中心とした組織ですので(わたしのような企業人も会員にいますが)、そちらの視点からスマート工場へのロードマップを考えてみるつもりです。実際に最近の会の活動を見ると、製造現場におけるデータ活用やデジタル技術においては、大手中堅企業の工場も、中小企業に負けず劣らず(?)困っている実態が見えてきています。「日本の製造現場は世界一」という神話は、だれがふりまいているのでしょうね。

ということで、オンライン開催ではありますが、クローズドな場でもあり、本音に近いカジュアルなお話しもできると思います。なお、この会は東京都中央企業診断士協会・中央支部の下にありますが、診断士でない方も一応、会の主旨にご賛同いただければ参加できます。年会費5,000円です。

日時:2021年8月18日(水) 19:00~20:30(Q&Aと討議を含めると〜21:00ごろの可能性あり)

講演者と内容:
1.スマート工場への変革ロードマップを描く ~ 製造業向けコンサルティングの新しい視点 ・・・ 講師:日揮ホールディングス 佐藤 知一

研究会紹介サイト


以上、スマート工場の話題にご関心を持つ方の、ご来聴を心よりお待ちしております。


佐藤知一@日揮ホールディングス(株)


by Tomoichi_Sato | 2021-08-07 11:32 | 工場計画論 | Comments(0)
<< 書評:「哲学入門」 戸田山和久 優先番号法(ディスパッチング・... >>