人気ブログランキング |

エンジニアリングとは統合力(インテグレーション能力)である

「エンジニアリング」という言葉を聞くと、読者諸賢はどのような仕事を想起されるだろうか。都会的なオフィスで遂行する、理知的な設計とデザインの仕事? それとも製図板と作業着とノギスをともなう、泥臭い仕事? あるいは企画と要求仕様だけを与えて、どこか海の外でやってもらう設計の力仕事?

エンジニアリング会社』と呼ばれる職場で、もう30年以上も働いている。会社には、机と椅子とPCと、あとは人が並んでいるだけだ。自社の工場は持っていない。建設現場はあるが、建設労働者を雇っているわけでもない。資機材は世界中の製造業の会社に頼んで作ってもらい、物流業の会社に頼んで現場まで運んでもらう。据付け組立工事は、現地の工事業者にお願いしてやってもらう。

じゃ自分たちは何をやっているかというと、設計図や仕様書を書いて、あとはプロジェクト全体をマネジメントしている。だから従業員は全員がホワイトカラーで、それも8割以上がエンジニア職種だ。

わたしの属するエンジニアリング業界には、国内で「専業」と呼ばれる大手が3社あるが、どこもほぼ同じような業態である。もっとも、国内には「エンジニアリング」と名前のつく企業が、大小様々に存在するし、分野もいろいろだ。わたしの勤務先は、「プラント・エンジニアリング」と呼ばれることも多い。ただしプラントばかりを作っているわけではなく、各種工場から病院まで、いろいろな施設を作っているので、『総合エンジニアリング』を自称している(が、たしかに売上の8割はプラント系である)。

こうした(プラント)エンジニアリング会社は、顧客にプラントや工場を作っておさめるのが仕事だ。なお日本では「プラント」と「工場」は別のものを指す(と思われている)が、英語で工場長はPlant Manangerであり、自動車工場はCar manufacturing plantである。だから両者を無理に区別する意義は、あまりない。

エンジニアリング会社とは、実は製造業やエネルギー産業の、生産技術部門(とくに工務部門)が独立してアウトソーシング先となった業態である。生産技術とは、製品設計と製造をつなぐ、「工程設計」「生産設備設置」を担う仕事だ。

こういう職務は、仕事量に波がある。増産と新工場設置のときは忙しく、定常運転に入ると暇になる。だから社内に抱えるより、アウトソーシング先として独立したほうが、お互い便利である。わたしの勤務先はたまたま、最初から独立したエンジ会社だったが、ライバル企業たちは、石油会社や化学会社の工務を担う子会社として出発した。

この業界では、工場づくりのプロジェクトを「EPC」と略称することが多い。EPCはエンジニアリング(Engineering)・調達(Procurement)・建設(Construction)の頭文字である。だが、先ほど書いたように、PとCの実作業は、外部の企業に発注するのが原則だ。自分で手を動かしてやっているのはE(エンジニアリング)のみである。だからまあ、「エンジニアリング会社」と呼ぶのかもしれぬ。

で、そのエンジニアリングというのは、冒頭に書いたようにカッコいい仕事なのか、泥臭い仕事なのか? 実は、エンジニアリングの日常というのは、次のような事の起きる日々である・・

***

<ある日の、機械設計部門にて>

「大変です。例のリアクター機器ですが、発注先のメーカーから、外形サイズが大きくなるって連絡が来ました。」
「どれくらい?」
「全体で、xxくらい増えるらしい、と。」
「いまさら勘弁してよ。もう配管設計部門に、ノズルの位置情報を渡して、設計をはじめてもらっているぜ。手戻りになるじゃないか!」
「そうですね。」
「それだけじゃなくて、機器の近くのパイプラック自体にも、位置的に影響するかもしれないな。ぎりぎりのレイアウトだから。なんでそんなにサイズが変わったの?」
「保温のためのジャケットの条件に変更が出たんです。顧客の要望で、上流側のプロセス設計部門から連絡がありました。それをメーカーに伝えたら、サイズに影響が出ますと返事が来たんです。」
「まずいな。それだと費用の追加請求も言ってくるぞ。納期にも影響が出るかもしれない。配管設計部門と調達部門と、一緒に相談したほうがいい。」

<その日の午後、配管設計部門の会議卓コーナーで>

「これだけサイズが増えると、機器周りの配管ルートをかなり変える必要がありますね。配管長も増えるし、コストアップになります。ラックとの距離を元のままにして、機器全体の位置をずらせないんですか?」
「逆側のメンテナンス用アクセスにも制限があって、もう壁からギリギリなんです。」
「調達の立場から言うと、このメーカーとの過去の経験から見て、確実に追加を言って来るね。まあウチが変更指示を出したんだから仕方ないけど。」
「納期は?」
「そっちの方が心配です。メーカーの側に余分な材料の在庫がなくて、サブオーダー(注:発注先の機械メーカーから、資材メーカーに手配をかけること)を出すとなると、2〜3ヶ月かかる可能性ありかも。」
「そんなに遅れたら、建設の機器搬入スケジュールに間に合わなくなるな。」
「納期もありますが、もう一つ。これ、機器全体の重量も増えますよね。そうすると、基礎にも影響するかもしれません。」
「げげ。建設現場ではもう、コンクリート基礎の工事が始まっちゃているぜ。どうしようか?」
「対案は2,3考えられますが、影響範囲が広いから、ぼくらだけでは決められません。エンジニアリング・マネージャーを呼びましょう。」

<翌朝、プロジェクト・ルームの会議室にて>

「・・皆さん忙しい中、緊急に集まってもらってすまない。例のリアクター機器No. KK-ZZZのサイズ変更への対応を、すぐに決めたい。まず、現状の位置のままサイズが増えた場合のインパクトを、各部から言ってほしい。下流側から行こうか。まず建設と調達から。」
「3ヶ月も納期が延びたら、建設の搬入据付けスケジュールがひっくり返ります。あの機器を据え付けないと着手できない後続工事がみんな遅れます。プロジェクト全体の納期に影響がありえます。」
「調達として心配なのはコストアップですね。あのメーカーはこういうチャンスに、必ず余計に上乗せして要求してきますから。」
「じゃあ設計側にいって、配管の影響は?」
「サブパイプラックが近くにあるので、干渉を避けるためには配管ルートを迂回する必要があります。」
「そうなると調節弁の位置も変わるね。計装のケーブルルートも見直さなけりゃ。」
「重量増による構造設計へのインパクトは?」
「今の程度の重量増なら、コンクリート基礎への影響は限定的です。幸い余裕は見ていました。」
「助かった。さすが。」
「ただ搬入のためのスペースが増えるので、架構の柱スパンに引っかかります。工事がそこだけ遅れます。」
「うーむ、そうか。とにかく、影響度合いは分った。対案は3つ。今の機器位置のままでいくか、場所を強引にずらすか、それとも入口の上流側の温度条件を変えて、リアクターのジャケットサイズがあまり増えないようにするか。」
「どれも簡単じゃないですが。」
「うん。でも、とにかく各案のPros/Consを表にまとめて書き出そう。その上で、コストと納期に一番インパクトが少なそうなものを選んで、決めることにする。」

***

まあ、これはいくつかの事実をもとに作ったフィクションである。まるで1日で決着するように書いたが、現実はもっと時間が掛かるし、こんなにカッコよくはない(笑)。ただ、肝要なポイントはおさえたつもりだ:

(1) エンジニアリングには複数の専門技術分野がかかわっている
(2) エンジニアリング・マネージャーという職種がいて、設計分野間の調整と意思決定をする
(3) エンジニアリングには基本設計→詳細設計という流れがあり、その一部は外部組織(発注先のメーカーなど)が担っている
(4) エンジニアリングの意思決定は、設計の品質や効率や整合性だけでなく、調達から実装までの全体を見て判断すべきである
(5) エンジニアリングにおいては、外部からの変更・変動への対応が、不可避である

エンジニアリングとは、基本デザインから実装までをカバーする仕事である。広義のエンジニアリングは、基本設計や要件定義に始まり、資機材やツールの調達、実装・設置工事・建設、そして試運転といった領域までの業務を含む。つまり発明・アイデアを現実化するまでの、トータルな仕事をさす言葉として、使われる。もう少し狭義には、基本デザインをインプットとして、それを実装可能なレベルにまで詳細設計する仕事を指す。その場合にも、様々な分野の工学的な要素技術を組み合わせて使うことになる。

エンジニアリングとは統合力(インテグレーション能力)である_e0058447_15401504.jpg
そしてエンジニアリングという業務の中心にあるのは、統合=インテグレーションである。

複数の機能要素を組み合わせて、全体として有機的な働きを実現するような仕事を、インテグレーション(統合)と呼ぶ。『有機的』というのは、目的意識があって、要素間のつながりやシナジーがあり、かつ環境の変化に柔軟に対応できる、というほどの意味である。目的意識もなく、環境変化に対応もできないような、要素の単なる寄せ集めを見て、わたし達は「有機的」と考えたりはしない。

そして、設計における統合力を担う職務を、「エンジニアリング・マネジメント」と呼ぶ。それはオーケストラの指揮者のように、一種の専門職である。交響楽団には、弦楽器だとか管楽器だとか、様々な専門の演奏職種がある。それらをまとめて、作曲家の提示した楽譜(=基本デザイン)に従い、現実化する。

楽譜に指揮者の「解釈」の余地があるように、実装にはいろいろな自由度がある。加えて、実際には完璧なデザインはありえないし、実装段階でのヘマをリカバーしなければならない場合もあるし(汗)、何よりも演奏会場と違って、エンジニアリングの場は外部環境に対して開かれている。顧客要求も市場環境も法規制も変化する中で、適応していかなければならない。

したがって、エンジニアリングにおいては、チェンジ・コントロール(変更管理)が重要である。設計とは実は、チェンジの積み上げである。むしろチェンジこそ本質である、といってもいい。設計の全体性をなるべく保ったまま、環境変化・条件変化に対して『適応制御』することが、エンジニアリング・マネジメントであろう。

マネジメントであるからには、設計のジャッジも必要に応じて担うことになる。そのためには、先読みとリスクテーク、そして何が良い成果であるかについての評価の価値観を持たなければならない。それも、部分的尺度ではなく、全体を見通した判断が必要である。

それを可能にするのは、設計プロセスと成果物に対する、「システム」としての見方である。変更の範囲と因果関係の予測ができないと、良い判断はできない。また外部機能→内部構造という階層性の理解、そしてV字モデルに従った詳細化と検証テストのコントロールが要求される。

ただ上の例に示したように、それはエンジニアリング・マネージャーだけが、一人で頑張って実現できるものではない。むしろ、協調的な働き方ができる組織力が望まれる。互いに独立し並行して進んでいるが、共通の着地点を目指すような、「すりあわせ」的な働き方である。ちょうどオーケストラの楽団員のように。そして変化を予見しながら、最小限の余裕を見越して設計できるスキルが望まれる。

エンジニアリング・マネージャーという職種は、わたし達の業界では普通の存在だが、分野によっては違うかもしれない。「エンジニアリング」という言葉の指し示す内容について、念のため最近、ゼネコン業界、工作機械メーカー、電子業界、IT業界などの知人にたずねてみたが、たしかにかなりの幅がある。それでも共通していたのは、「複数の設計技術要素を束ねる仕事」だという点だった。やはりエンジニアリングでは、統合力が、問われるのである。


<関連エントリ>
(2017-04-09)


(2019-11-21)




by Tomoichi_Sato | 2020-01-12 15:48 | プロジェクト・マネジメント | Comments(0)
<< エンジニアリング・チェーンをゆ... 次世代スマート工場の市場可能性... >>