プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」(1月25日)開催のお知らせ

各位:

「プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」の2018年第1回会合を開催いたします。

新年第1回は、久しぶりに製品開発、とくに研究開発におけるプロジェクト・マネジメントについて、キユーピー(株)の元常務取締役・研究所長であった和田義明様に、ご講演いただきます。

ご承知の通り、企業におけるイノベーションの創出活動、とくに研究という仕事は、まだ誰も知らないものを生み出すことにあります。他方、マネジメントとは計画を立て、明確な目標イメージを持って統率していく行為です。誰も知らない目標に向かって、一体どのように組織をマネージすべきなのか? ここに研究開発マネジメントの本質的な難しさがあります。

今回は、実際の研究開発の実務を長年リードしてこられ、さらに研究開発の方法について博士号を取られた和田様から、R&Dのマネジメントについて実戦的なお話を伺う予定です。ぜひご来聴ください。


<記>

■日時:2018年1月25日(木) 18:30~20:30

■場所:三田キャンパス 研究室棟B会議室(1F)
 ※キャンパスマップの【10】
 (いつもの北館とは別の場所ですので、ご注意ください)

■講演タイトル:
企業における研究開発の活性化策(プラットフォームとブーストゲート法)

■概要:
 研究開発を活性化してイノベーションにつなげることを目的に、キユーピー㈱研究所にて取り組んだ手法を紹介する。具体的には、組織力を高めるプラットフォーム・マネジメントと、研究を事業につなげるブーストゲート法である。その方法、効果、事例について紹介する。

■講師:キユーピー㈱ アドバイザー 和田 義明

■講師略歴:
【学歴】
 1978年 東京農工大学農学部農芸化学科卒業
 2012年 東京農工大学専門職大学院技術経営研究科修了
 2014年 東京農工大学大学院工学府応用化学専攻博士後期課程修了
    博士(学術)
【職歴】
 1978年 キユーピー㈱入社(以後工場、研究所、マーケティング部門勤務)
 2000年 同社研究所部長
 2006年 同社執行役員品質保証本部長
 2009年 同社取締役研究所長
 2012年 同社常務取締役(ファインケミカル事業、研究開発本部、品質保証本部、商品開発本部、知的財産室管掌)
 2017年 同社取締役退任
【現在役職】
 キユーピー㈱アドバイザー
 上海海洋大学客員教授
 中央大学、関西大学、千葉工業大学非常勤講師
 東洋食品工業短期大学非常勤講師兼テクニカルアドバイザー
 国際プロジェクト・プログラム・マネジメント学会評議員
 タマゴ科学研究会理事、日本能率協会食品安全部判定委員

■参加費用:無料。
 ちなみに本研究部会員がスケジューリング学会に新たに参加される場合、学会の入会金(¥2,000)は免除されます。
 参加を希望される方は、確認のため、できましたら当日までに三好副幹事までご連絡ください。

 以上、よろしくお願いいたします。

佐藤知一@日揮(株)

by Tomoichi_Sato | 2017-12-15 00:48 | プロジェクト・マネジメント | Comments(0)
<< わたしはなぜ、「プロジェクト管... プロジェクト計画のロジックとは... >>