<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

技術者たちの沈黙

本郷の喫茶店でのんびり珈琲を飲んでいたら、後ろの席の話し声がぼそぼそと聞こえてきた。去年の春、まだ毎日の予震におびえていた時期のことだ。その喫茶店も半地下の穴蔵のようになっていて、もし大きな揺れがきたらどう逃げるべきかと思いながら、低い天井を見上げていたら、声が耳に入ったのだ。話し声は、口調からいって年配の学者らしい。それも、遠くから来てひさしぶりにまみえた旧友同士という感じだ。近くの大学で、複数学会をまたいだシンポジウムがあって、その帰りだったらしい。

その人たちは、原発事故の危機対応について話しているようだった。理工系の学者なのだろう。「リスク・コミュニケーション」という言葉も聞こえた。これは分かったようでわからない用語なので、わたし自身はあまり好きではない。ともあれ、不安におびえる住民大衆に向けて、どう冷静に事象を伝えて余計な心配を取り除くか、といった文脈が議論のようだった。放射線量だ何だといった、ややこしい話を、中学生レベルの知識もおぼつかない人達に分かってもらわなければならない。難しい仕事だ。

「それにしても、さっきの会議で『コトダマ』云々という発言が出てきた時は驚きましたね。」「ああ。あの方は文科系の学会の人です。」「日本人は言霊信仰が強いから、よくない結果の予測を口にすると、それが現実になるのではと怖れる、だとか。典型的文系の人の発想ですな。」「そうそう。」彼らは多少のアルコールのせいか、声が大きくなった。「そんな事を言っとったら、客観的な事実も口にできなくなる。」

この人たちにとっては、客観的で確実なファクトの伝達が重要で、それが伝わるかどうかは相手の理解能力による、と考えているらしい。いかにも科学者の意見らしい。しかし、同じ学者同士でも文系相手だと話が通じないのに、どうして一般大衆相手には話が通じるはずと思えるのだろう? この奇妙な楽観主義はどこから来るのか。

福島原発事故の後、テレビでは科学者のインタビューばかりを見せられた。なぜ科学者なんだ? これは技術の問題ではないか。--でも世間の人は、いや、メディアの人達も、科学と技術の区別がわからないらしい。両者の違いは明白だろう。科学者とは、客観的で論理的に確実な事のみを口にする人々である。確実でない、検証しえないことを主張したら、その瞬間から科学ではなくなってしまう。だから彼らに事態の予測や対策を求めるのは無理がある。それは科学を超えた、憶測と判断の領域である。それでもメディアがしつこく求めるから、彼らも“個人的見解”と断って発言する事になる。メディアはそれを、専門家のお墨付きとして報道する。

で、一般大衆は信じて納得したか? 答えはノーである。たしかに、大衆に基礎知識や理解能力が欠如していたかもしれない。では、喫茶店の隣席の学者達がいうように、時間をかけて大衆を啓蒙するしかないのだろうか。だが巨大な災害のときに待つ時間なんかない。

あのとき人々がとったのは、全く別の方法であった。話している学者の顔をテレビの画面で見て、“人物が信じるに足りるか"を判断したのである。これはある意味、当然の事だった。わたしだって、自分の専門領域でない報告を他人から聞くとき、真っ先にするのは「この人はまともなことをいっているか」を顔つきや口調から判断する事である。科学では、真理は誰が口にしても真理であり、発言者の人格は関係ない。しかしわたし達の仕事ではそうではない。実際、この判断を抜きにして、仕事なんてできないといってもいい。世間の人だって、原子と電子の区別はつかなくても、誠実と嘘つきの区別は、ある程度できるのである。

それにしても、あの原発事故直後の日々、わたしが最も渇望したのは科学者でなく、原子力発電所という複雑なシステムを知っている技術者の発言であった。技術者は、本質的に不確実な状況下で推測したり判断する事が、職業的に求められる。原子核物理学の専門家が、果たして普通のボイラーのバルブだって見たことがあるかどうか疑問だ。しかし経験を持つ技術者は、どこのラインのどんな種類のバルブはどれくらいの温度圧力でどういう使用法に耐えるか推測できる(たとえ原発の設計者でなくても、それくらいは図面と仕様を見れば判断できるのだ)。ちなみに発電所が外部電源を全部喪失した時も、リアクターの温度や圧力は(部分的に)計測され続けた。測定には電源がいるのに、である。これはプラント技術者からみれば驚くにあたらないが、仕組みを知らない科学者には手品のように見えたにちがいない。

繰り返すが、技術屋は推測と判断の世界で生きている。複数の推測があり得るときは議論をする。そして、どれかに賭けて、決断する。技術屋が推測に慣れているといっても、別に、いつも正確な予測ができるという事ではない。自分の推測が、どの程度信頼できるか(いいかげんか)を自覚できる、という意味だ。そうした信頼度を含めて、なにが起きているのか、この先どうなりそうか、そして何をすべきか意見する。わたしは、そうした話を聞きたかったのである。だが、この分野の専門技術者はメディアにほとん発言しなかった。メディアがインタビューしなかったばかりではない。ネットでもまず、発言にお目にかからなかった。

その理由は、明白に思える。それは、技術者が組織人だからだ。彼らは何らかの会社か機構に属している。口を開いて何か言えば、必ず所属する組織と利害関係が生じる。この国では、電力会社や重電、建設業界や官庁と無縁でいられる組織など殆ど無いのだ。だから必ず、どこかに係累が及ぶ。この、わたし自身だってそうだ。勤務先の顧客に電力会社がいる以上、原発事故について実名で論評するのは困難だ。一方、科学者はほとんどが大学人である。建前上、中立でいられる。だから自由に発言しやすい。

ここから先は原発事故に限らぬ一般論になるが、トラブルや失敗から学ぶ事は、技術とマネジメントにおいて本質的に重要な事である。不確実な状況で決断する者にとって、全戦全勝という事はあり得ない。むしろ不都合な事実から、いかに学ぶかが進歩の鍵なのだ。とりわけ、プロジェクトと呼ばれる行為の世界は、そうだ。プロジェクトとはユニークな、それぞれ個別な取り組みだからである。

ところが、技術者にとって、部署や会社の壁を越えて現実の話をできる機会は、きわめて限られている。本来は学会などがその場所となるべきなのだが、そうはいかない。なぜなら、学会で発表されたことは原則公開され、世界中の人に知られる可能性がある。しかし、プロジェクトのほとんどは(成功であれ失敗であれ)外部に出せないものだからだ。

わたしが、「プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」という活動以外に、もう一つ、『事例検討会』という場をつくろうと思い立ったのは、そうした理由からだ。学会とは正反対に、こちらは完全に非公開とする。配付された紙の資料は、その場ですべて回収し裁断処分する。そのかわり、現実の話をディスカッションできるようにする。

まだ試行錯誤中の試みだから、うまく行くかどうかは分からぬ。これを成立させるためにはいくつか条件がいるだろう。一番大きなポイントは参加者の信用だ。だから参加できるのは、得られた情報を口外しないと誓約できる部会員(ないしその知己)のみとする。もちろん、話題提供者が「同じ業界の人は遠慮してほしい」といった条件付けもできるようにする。もう一つのポイントは、ビジネスと直接の利害関係をもたぬ大学人が、キー・メンバーとして関与することだろう。こうした仕組みをとっておかないと、匿名掲示板ないし飲み屋での雑談と変わりないものに堕してしまう。

現実から学ぶことが難しいのは、現実の結果が利害関係の源泉となりうるからだ。とくにトラブル事例は、すぐに責任追及や非難など、人身攻撃の元ネタになってしまう。学びの目的は、改善であり再発防止である。ここに人事・政治を絡めたら、学ぶべき事実がすぐに歪曲されてしまう。だから、クローズドで中立な場が必要だと考えたのである。もちろん、情報保持の観点から見て、あまり参加者が多くなるとリスクが高まる。むしろ、こうした活動に興味を持つ人が増えたら、あちこちに同様の場を作ればいいのだ。いや、本当は、まず、同じ社内にこうした場を設営するべきなのだろう。批判ではなく、学びのためにプロジェクトをふり返る場。そういった場を作り、技術者たちを無理な沈黙から解き放つことこそ、PMOと呼ばれる部署の大事な仕事だと思うのだが。
by Tomoichi_Sato | 2012-08-22 22:36 | リスク・マネジメント | Comments(10)

休むのも仕事のうち

仕事柄、ときどき時差のあるところに出張にでかける。そんなに頻繁なわけではないが、ともかく行って帰ってくると、何日かはしんどい。時差ボケのせいで熟睡できていないからだ。歳をとると、体の生理的なリズムが少し弱まるため、若い頃よりは適応が楽になるといわれているが、そのかわり疲れの回復に時間がかかるようになる。トータルには、ちっとも楽にならない。

一般に時差ボケは、西よりも東に旅行したときに強く出る。日本からだと、中東や欧州に行くより、北米や南米に行くときの方がしんどい。ハワイまでの時差は5時間程度で、ロンドンより少し短いはずだが、体感ではむしろ逆だ。西に行くときは、遅く起きて遅く寝ることを強いられるわけだが、これはちょっと頑張ればなんとかなる。そもそも人間の体内時計は1日26時間だから、遅くなるのは適応しやすい。問題は、早寝早起きが必要な東に行くときだ。意図したって、無理に早く眠れるものではない。よく、“時差がある国に行ったら、着いた日の夜は頑張って遅くまで起きていろ、ぐっすり寝れば翌日から楽になる”という人がいるが、あれは東にはあまり当てはまらないと思う。無理して夜中まで起きているつもりでも、体内時計はまだ夕方でしかないからだ。

もちろん、行きと帰りは逆方向だから、欧州から日本への帰りは東向きで大変だし、米国の帰りは西向きで楽になる。だから足し引きゼロになるはず--と思いたいが、そうはいかないもので、もとの自分の住み処に戻ってリラックスする方が、やはり早く適応できるのだ。結局、全体としては西に行く方がどうしても楽になる。

こうした順逆の理屈を理解した上で、時差ボケを軽くするためにわたし自身がとる三つの方策を、ご紹介しよう。まず、現地では、夜遅くまで無理に起きようとはせず、宵の口でも眠くなったら、差し障りがない限りさっさと寝てしまう。その方が、結局は続けて眠れる時間が長くなる。次に、昼間は機会があればなるべく、日光に当たるようにする。そうすると脳内で睡眠誘導物質のメラトニンが夜、生成されやすくなるらしい。

そして第三に、これはある意味で裏技だが、そのメラトニンの錠剤を買って服用するのである。メラトニン自体は医薬品としては認可されていないが、アメリカその他の国では、サプリメントとして売っているし、たいして高くない。睡眠薬ではないけれども、それに近い効果を感じる。もちろん、人により作用に差があるし、副作用も未知である(元々脳内物質だから副作用はないとの主張もあるが、わたしの場合、あきらかに夢が強くなる)。だから、At your own riskで、という言い方にはなるのだが。

それにしても、眠りというのは不思議な行為(Activity)である。万人にとって必須の重要な行為であるにもかかわらず、誰も意図して行うことはできない。あなたは強い意志を持って眠りに入ることができるだろうか? 意思を強く持てば持つほど、眠気は遠ざかる。そして眠っている間は、人は一切の主体的な行為を放棄する。自分自身に指示を下す「本社機能」としての自我は、機能停止するわけだ。さらに、夢という奇妙なヴィジョンを見る。これがまた、とりとめもない代物で、行ったこともない場所に平然といたり、居るはずのない親子兄弟が出てきても納得したりする。独自の論理とエモーションが支配している世界だ。

でも、一番不思議なのは、起きたときに、寝る前と同一の自分の自我が戻っていることだろう。この自我の連続性は、当たり前のように見えるが、奇跡のように巧妙な仕掛けだ。もし、目覚めるたびに新しい自分になっていたら、どんな奇妙なものか想像してみると良い。記憶は連続しているが、自分の連続性がないとしたら、毎月社長が交代している会社のように訳が分からないにちがいない。まあ、たまに、よほど疲れて寝惚けているときなど、一瞬めざめてから、“あれ、ここはどこだっけ? 今はいつ?”と感じたりはするが。“わたしは誰?”という感覚にかなり近寄っている。

若い頃、先輩に「休むのも仕事のうち」という言葉を習った。文字通り、ときどきはちゃんと休むことが必要だ、との意味である。ある時、徹夜に近い状態が何日も何日も続いたあげく、頭に血が上って霞がかかったようになり、ごく単純なトラブルの原因を見つけられず時間を浪費して、納期に遅れてしまった。当然ひどく叱られたが、その時にいわれたのがこの言葉だ。休みは通常、働くことの反対概念である。だが、人間はときどききちんと休まないと、かえって生産性が下がる。これは今からちょうど100年前に、アメリカのテイラーが工場の肉体労働者の生産性をストップウォッチで計測して見いだした法則にも共通している。

その後、自分が小さなプロジェクトのプロマネになり、チームごと泥沼状態に陥ったときがあった。その時、この金言を思い出したのである。そこでしばらく「ノー残業」を宣言をして、協力会社の社員を含めて全員を早く帰すことにした。自分も無論、早く帰ってちゃんと寝るようにした。ところが二日後、協力会社のあるキーパーソンが、自分の会社に戻って、相変わらず夜中の2時まで残業を続けていたことを知り、つい呼びつけて怒鳴ってしまった。彼が帰らなかったら、部下たちだってやはり遠慮して残業を続けてしまう。だから、上の人間が、まず率先して「休むのも仕事のうち」を見せなければいけないのだ。ま、それが功を奏したとはいわないが、とにかくその後プロジェクトは多少、元の軌道にもどることができた。

念のためにいうが、「仕事のために休め」というのは、次善というか、逆立ちしたセリフなのである。人は本来、「休むために休む」べきなのであって、「もっと仕事ができるように休め」は本末転倒である。ただ、こういわないと、普通の休みさえ取らない「真面目な」技術者が多いから言うのだ。

以前、「睡眠時間の必要(2) 生物とシステムのサイクル」でも書いたことだが、物理的実体を持つシステムは、エネルギーを使って働き続けていると、内部のエントロピーが次第に高くなっていく。エントロピーとは、乱雑さの指標である。ときどき下げないと、システムはちゃんと機能しなくなっていく(熱中症というのは、実はその典型なのだ)。

エントロピーを下げるためには、活動レベルを低下させ、整理整頓をするための時間が必要だ。だから高等な生物は皆、眠りの時間を持っているのである。人間の場合、夜になると脳内にメラトニンが分泌され、さらに下垂体から成長ホルモンが分泌される。メラトニンは睡眠をうながすとともに、免疫系を高める。また成長ホルモンは、成人でも身体の修復や肌の再生のために役に立つ。だから美容や健康が欲しい人は、成長ホルモンの分泌がピークになる夜10時から2時までの間は眠っている必要があるのだ。

かつてバブル時代には、「24時間、戦えますよ」みたいなスタミナドリンクの宣伝がはやり、“24時間情報発信基地”なるものがもてはやされた。だが、『眠らない人間』は、自我の病(やまい)にさらされるのではないか。眠らない都市は、乱雑さと熱汚染の中におぼれる危険があるのではないか。そして、眠らない会社、休まない職場は、じりじりと生産性の低減し、クリアな決断ができなくなる、組織的な熱中症にかかる可能性があるのではないか。

ときどき、手を休めることが必要だ。ここでは何度も書いたことだが、でも、もう一度書こう。時間管理術の目的とは、「何もしない時間」「一見、非生産的な時間」を生みだすことにある。毎日の雑務で時間に追われていると、何もゆっくりと考える時間がとれないままになっていく。頭の中の乱雑が、整理されぬままですぎていく。これを打破するためには、ときに、主体的な行為を放棄し、「本社=自我の指示」から離れて、夢という名のヴィジョンを見ることが必要だ。そうすれば、エントロピーの低い、クリアな秩序を再び手に入れられる。まともに考え、まともに決断するためには、ちゃんと休むのも仕事のうちなのである。
by Tomoichi_Sato | 2012-08-08 23:28 | 考えるヒント | Comments(0)

「プロジェクト&プログ​ラム・アナリシス研究​部会」 8月定例会(8/28)のお知らせ

「プロジェクト&プログ​ラム・アナリシス研究​部会」 は、小生が主査を務めるオープンな研究会です。スケジューリング学会の下に位置していますが、学会員でなくても、どなたでも自由に参加できます。

ご承知のとおり、企業や市場などを分析評価するプロフェッショナルを『アナリスト』と呼びます。プロジェクトと、その上位概念であるプログラムに対しても、アナリストの職能を確立する必要があると考え、昨年より、二ヶ月に1回のペースで研究会活動を続けています。

今月は外部講師として、政策研究大学院大学の安田先生をお招きし、講演をしていただきます。

講師の安田先生は、ゲーム理論ならびにマーケットデザインの分野で活躍されている気鋭の研究者です。公共調達や国債販売の方法、株式IPO、電力や資源の入札、そして周波数帯オークション、などオークション理論は広い応用分野を持っています。とくに『2位価格オークション』は理論的にも現実にも面白いテーマです。
ご存じの通りプロジェクトの多くは入札の形を取っており、そのオファー価格をどう決めるかは、プロジェクト評価における初期の最重要な意志決定事項です。入札の勝率は多くの企業が3割以下であり、かつ多額の見積費用を失うリスクに常時直面しています。

この問題については最近、理論的にかなり進展しており、興味深いお話が聞けるチャンスです。ご興味がある方は、ぜひお越し下さい。参加費は無料です(かつ、この研究部会をきっかけに、スケジューリング学会に加入すると、学会加入費がタダになるという特典付きです)

===============================================
「プロジェクト&プログ​ラム・アナリシス研究​部会 2012年8月定例会」
日時:2012年8月28日(火)18:00~20:00

講演タイトル:「オークションの理論と実践

講師:政策研究大学院大学 助教授  安田洋祐 様

講演要旨:
ゲーム理論の応用分野であるオークション理論の基本的な考え方や重要な成果について、事例を交えつつ解説をして頂きます。
特に、買い手にとっての最適な戦略、売り手にとっての望ましい制度設計、これらの基礎結果を踏まえた上での現実のオークションの応用事例などについて紹介いただく予定です。

講師略歴:
政策研究大学院大学助教授。
2002年東京大学経済学部卒。2007年プリンストン大学より博士号取得。同年より現職。専攻はゲーム理論、産業組織論。

場所:慶應義塾大学 三田キャンパス・旧図書館・小会議室
    キャンパスマップ:http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

参加費用:無料
===============================================
 人数把握のため、できましたら当日までに学会事務局(office@scheduling.jp)に参加をご連絡ください
よろしくお願いいたします。

研究部会 主査  佐藤知一(日揮株式会社)
by Tomoichi_Sato | 2012-08-03 23:02 | プロジェクト・マネジメント | Comments(0)