アメリカ製造業の衰退

その写真を見た者は全員、目を疑った。火炎バーナーのついたフレアスタックの高い煙突の先端が熱で溶融し、まるでロウソクのように日を追って短くなっていたのだ。中東でプラント建設に従事して帰国したエンジニアは、製造元である米国の某メーカーを名指しして、『顧客の指定でしかたなく発注したけれども、もう二度と使うべきではない』と報告会で叫んだ。

フレアスタックとは、プラントで随時発生する、可燃性だが品質が低くて利用できないガスを燃焼し無害化して大気に放出する、バーナー付きの煙突である。プラントで先端に炎が燃えている煙突を見かけたことがあると思う。その煙突が、自分の燃焼熱でどんどん溶けて短くなったら、とても使えたものではない。明らかに不具合である。だが、彼の話では、メーカーは決して自分の非を認めず、まとまに誠意を持って対応しないままだった。契約納期に追われているので、結局仕方なく、日本のメーカーに再製作を依頼せざるを得なかったという。

そのエンジニアが怒ったのは、むろん、設計/製造における不具合もある。しかし、それ以上に腹立たしかったのは、クレームに対する応対のわるさであった。やりとりの詳細はきかなかったが、私も自分の体験から、どんな木で鼻をくくったような返事が返ってくるか、容易に想像がつく。契約の文言だけを盾にとり、黒を白と言いくるめつつ、他者のみを非難する。技術者と話しているというよりも、弁護士と話しているような感じなのだ。

アメリカという国が、製造業に対する興味を失って、大分たつ。かつてはあの大国の国民経済を支えた製造業が、今やGDP比率で14%以下しかない。雇用面で見ても、製造業で働く人間は、10人中1人ちょっとしかいない。私の友人には技術者が多いが、彼らはもはやかなり少数派の、マイノリティ的存在である。米国APICSの会誌も、年々薄くなっていき、もはや同封の広告程度になってしまった。

それに平行するように、製品リコールも増大している。記憶にあるかぎりでも、制御弁、PLC(機械制御用のロジック・コントローラ)、液体用安全弁、などなど様々な製品が欠陥が見つかり、回収対象になった。われわれプラント・エンジニアリング会社はそうした製品をつかって作った工場の顧客にたいして、きちんとした情報提供をする義務がある。しかしそうした欠陥製品を生み出す米国メーカーはたいがいどこかに買収されており、ひどく事務的な木で鼻をくくったような対応しかしない。なぜかって? ちょっと考えてみてほしい。働いている人間は、いつ首を切られるか分からないのだ。だとしたら、顧客よりも経営者の方だけを見て動かざるを得なくなる。

マネジメントを科学する」に書いたように、アメリカはテイラーの科学的管理法の理論を生み出し、さらにフォードの流れ作業方式による大量生産工場を生み出した。その二つは、米国を製造業によって世界第一の大国に押し上げる力をもたらした(それ以前の米国はむしろ農業国だった)。しかし、'80年代に入る頃には、米国製造業にはさまざまな問題が発生していた。ワシントンの政治家たちは、海外企業のダンピングだとか為替のせいにしたがったが、明らかに製造業の経営自体に、何かおかしな点があったのだ。どこでどうしてこうなってしまったのか?。

その答えは、アメリカの経営思想の中にあるはずだ。とくに、本社重視・現場軽視の思想の中に。それは、製造現場を単なるコストセンター、単なる道具と見なす考え方につながっていく。おかげで、80年代から米国企業は安い製造コストを求めて、どんどん海外に工場を移転していった。'90年代の初め頃、米国の友人が「In this country, 'production' means buying something that looks productive」と手紙に書いてきたのを思い出す。

その結果、何が起こったか。技術の空洞化である。技術とは、(私もエンジニアのはしくれだから書くのだが)科学の理屈だけでなく、現実からのフィードバックによって確立していくものである。その現場を、すべて自分の外に出してしまったのだ。「お前はおれの設計図と契約書の通りに作ればいい」という風に指示することがエンジニアの仕事になってしまった。そうなると、現場の問題から生まれる知恵や改良は、外注先のものになる。こんな状態が3年も続けば、賭けたっていい、自分の技術勘が無くなっていくのだ。

私は、米国人の技術屋の友人たちの顔を思い起こすたびに、こんな状態を残念に思う。彼らだって、エンジニアらしく、良い仕事をして満足したいのだ。しかし、経営がそれを許さない。

とはいえ、ふと我に返って思うこともある--はたして我々の国でも、それは他人事なのだろうか、と。
by Tomoichi_Sato | 2007-09-30 23:49 | ビジネス | Comments(2)
Commented by k at 2011-10-11 11:04 x
先進国は人件費が上がりすぎてどこも製造業はやってられません。
買収されたりサービスの質が悪くなってしまうのは宿命かと思います
Commented by じじ at 2011-10-11 14:13 x
アメリカでは製造業が衰退したおかげで、景気が回復しました。
自動車産業はその象徴ですが、IT産業によって見事に産業構造を変化させ、ITバブルの追い風もあって再び世界経済の牽引役になったことは現状を見れば明らかに思います。
個人的には日本もそうあるべき(むしろそうならざるを得ない)と考えます。
先進国の産業構造が2極化することは、経済規模、社会構造の成熟に対して宿命的ではないでしょうか?
日本は技術立国ですが、いつまでも製造業に頼って生き延びることは不可能です。
なぜなら新興国の労働力との競争において比較優位性はすでに失われているからです。
企業は利益団体で、技術者がめざす技術・品質の向上と、経営者が収益性を優先することは同ことだと思います。
組織が戦略に従った結果と言えるのではないでしょうか。
<< マネジメントは必要悪か? 外注のスケジュール・コントロール >>