「設計管理」の必要性

私の好きな米国のマンガ"Dilbert"にこんな話があった。セクレタリー(秘書業)の低い地位にいやけがさした若い女の子が、技術職になりたいと思い立ち、同僚の女性エンジニアであるアリスに相談に行く。アリスは彼女にこういう。

アリス「あなた、エンジニアになるには、何年もの訓練が必要なのよ。」(ふと上司を思い出して)「・・でも、エンジニアのボスになるには、何の訓練もいらないの。あれって、スキル不要の、苦労なき労働なのよね。」

すると彼女はこたえる。「だったら、私にもできそうね。」 

米国のハイテク企業を舞台にしたマンガ"Dilbert"には、無能を絵に描いたような部長が出てきて、よく私たちを笑わせてくれる。この部長ときたら、ネットワーク回路図とプロジェクト工程図を見分けられるかどうかさえ疑問だが、それでも『リーダーシップとは』などと経営論の片言を口にして、必要もないのに部下を休日出勤させたりするのだ。

上司は部下を管理するものだと、誰でも思っている。このマンガでは、技術を知らない上司が、部下を管理したつもりになっていることの愚かしさを描く。しかし、それでは、設計の固有技術をよく知っている人間ならば、設計部門をうまく管理できるのだろうか。たとえば電磁流体解析や熱応力計算が上手なエンジニアは、他のエンジニア達をうまく采配できるのだろうか?

生産工程には生産管理が必要であり、設置工事には工事管理が必要であると、誰もが知っているし、たいていの会社にはそうした名称の部署がある。ところが、「設計管理部」という部署がある企業には、まだお目にかかったことはない。ちょっと考えると不思議である。設計は管理しなくともうまく進むのか。設計が遅れて困ったり、設計の品質が低くて現場が混乱するケースは、希少な例外なのだろうか。

むろん、そんなことはあるまい。しかし、設計管理部の必要性が議論されない理由は、想像がつく。それは「管理」という語の曖昧性、そして設計者がホワイトカラーという(元)エリート階層に属することにより、おおいかくされてしまっているのだ。

いったい、管理とは何だろうか。以前も書いたように、私自身は、この曖昧な多義語がきらいなので、自分では滅多に使わない(「マネジメントと管理はどこが違うか」参照)。かわりに、マネジメントとかコントロールとかスーパービジョンとか、英語にあるカタカナ言葉を使うようにしている。しかし世間では、上司は部下を「管理している」と思っている。上司という立場になれば、部下への命令や、業績評定や、アドバイスや、宴席で上座に座る権限などを、手に入れられる。しかし、Dilbertのマンガにあったように、なんの訓練もスキルもなしで、本当に部下を「管理」できているのか? 

その典型例は、ソフトウェア産業の組織にしばしば見られる、奇妙な進化論である。平社員のプログラマが、少し経験をへるとになるとSEクラスのリーダーになり、SEもだんだんとベテランになると課長兼プロジェクト・マネージャーになる。そして、クリティカル・パスもWBSも知らないまま、プロジェクトの戦場に突入していく。引率される兵隊こそいい迷惑である。

ここには、「管理」のためには「管理技術」が必要である、という認識が欠けている。そこで、ようやく最近はPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)なる別組織を作って、設計・開発の固有技術以外に、プロジェクト管理技術の専門担当者をおく企業が増えてきた。

ところがひるがえって、一般の製造業ではどうか。まだまだ、設計管理という問題意識が乏しい。その理由は、社内の人種階層制にある。生産管理部や工事管理部が存在するのは、じつをいうと製造現場や工事現場のブルーカラーを監督し統率するため、と考えられているからだ。一方、設計部門は社内でもエリート集団の場所である。一丁目一番地に住む人々が、なぜ他の部署から監督統率されなければならないのか。

そのくせ、製造業はどんどん見込生産から受注生産へとシフトしている。ますます、個別案件での設計のかかわりが増えている。製品開発設計のスピードも、しばしばネックとなっている。だから、生産システム全体を見渡すと、あきらかに設計にも課題が増えてきているのだ。

ここで、映画監督を思い出してほしい。監督は自分では演技しない。必ずしもベテラン俳優が監督になっていくわけでもない。しかし、スター俳優にシナリオを渡し、演出を指導する。そして、映画撮影の進行をコントロールする。

このような役割の人間が、製造業でも必要ではないか。多くの会社の現状は、監督のいない映画撮影のようだ。一人一人は努力し、苦心している。だが、ちっともハーモニーもストーリーもないのだ。それも、困るのが設計部門だけなら、まだしも自分のまいた種と言えるだろう。しかし、設計で発生した問題は、購買や、生産技術や、製造や、物流や、販売や、あちらこちらの離れた場所で火をふくのだ。

それでは、具体的には『設計管理』のために、いったい何をしたらいいのか。長くなってきたので、項をあらためて、また書こう。
by Tomoichi_Sato | 2006-06-22 23:14 | ビジネス | Comments(0)
<< 「設計管理」の必要性(2)--... 製造管理とは何か >>