講演のお知らせ:『プロに学ぶ、上手な工場見学の見方・歩き方』

例によって直前のお知らせで恐縮ですが、研究会で講演します。
来る7月20日(水)18時30分より、わたしが幹事の一員をつとめる中小企業診断士協会「生産革新フォーラム」で、

プロに学ぶ、上手な工場見学の見方・歩き方

と題する講演を行います(場所は日本橋堀留町公民館の予定です)。

わたしは工場づくりのプロ集団であるエンジニアリング会社に長年勤めておりますが、同時に工場見学も大好きで、機会があれば国内外のいろいろな工場を見学してきました。

製造業は業種や製品によってバラエティが大きく、たとえば日本では「工場」と「プラント」を別物のように考えています。が、英語ではどちらもPlantで、工場長はPlant Managerです。実際、見た目は両者でかなり違いますが、共通点も多く、また悩みや課題、そして解決の方向性も共通しています。

多くの工場(とくに消費財メーカー)は、顧客や地域社会との良好な関係づくりのために、工場見学の標準メニューや見学コースも用意しています。そういうコースを歩いて、「見た気分」になるのは簡単ですが、本当に大事なのは、その工場がどのようなレベルにあるのか、どのような設計思想でつくられているのか、どこに仕組み(システム)上の工夫があるのか、そしてどこに非効率やカイゼンのタネが潜んでいるのかを、見抜く力です。

このサイトでも以前、「超入門:上手な工場見学の見方・歩き方」と題するエントリを書きましたが、今回の講演ではこの内容をバージョンアップし、工場を「生産システム」ととらえることで、目に見えにくい仕組みを見抜くとともに、工場の未来の姿についても考えます。本研究会は診断士でなくても自由に参加できますので、工場作りに関心のある大勢の方のご来聴をお待ちしております。


佐藤知一@日揮(株)
by Tomoichi_Sato | 2016-07-12 12:31 | 工場計画論 | Comments(2)
Commented by MT at 2016-07-14 10:27 x
いつも楽しく拝読させて頂いております。
ご案内されている講演会に是非とも参加させて頂きたいと考えているのですが、申し込み等は必要になりますでしょうか?
リンク先の「生産革新フォーラム」のページに講演会の案内がなかったため、コメント欄でご質問をさせて頂きました。
また、ご回答を頂けますと幸いです。よろしくお願いします。
Commented by Tomoichi_Sato at 2016-07-16 21:23
リンク先にあります幹事の連絡先にご連絡ください。あるいはわたしにメールをくださっても結構です。お待ちしております。
(佐藤知一)
<< 工場レイアウト設計の典型的問題... トラブルには技術的原因と、マネ... >>