「プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」(2014/03/17) 開催のお知らせ

先のエントリにもお言葉を引用した、トヨタ社友の黒岩惠氏に、研究部会でご講演いただけることになりました。
「ト ヨタ生産システム」と、「アジャイル開発」という、一見無関係とも思える二つのやり方に共通する思想について、お話しいただきます。

ぜひご期待ください。

<記>

日時: 2014年3月17日(月)18:30-20:30
場所: 三田キャンパス・旧図書館・小会議室
    http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
    ※キャンパスマップ・【2】になります

タイトル: 「トヨタ生産方式(TPS)の本質とアジャイル(Agile)プロジェクトのあり方

講師: 黒岩 惠 (トヨタ自動車社友、九州工業大学客員教授)

内容:
TPSは80年代にLean方式と命名され、業種業態を超えた競争優位のモデルとして適用。 最近はソフト開発分野でAgile方式が普及。TPSの原理原則を遵守し、US研究者らの 貢献とICTツールで進化したTPS/Lean/Agile方式と適用について。

講師プロフィル:
トヨタで生産技術開発、生産・物流、FA/IT、国のIT化施策に関わる。 定年後は名工大・九工大の客員教授と非営利団体の活動に従事。 ・一般社団法人「持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(ESD21)会長 ・NPO法人「モノづくりAPS推進機構(APSOM)」理事長 ・九州工業大学 大学院情報工学研究院客員教授

参加費用: 無料。
ちなみに本研究部会員がスケジューリング学会に新たに参加される場合、
学会の入会金(¥1,000)は免除されます。

参加を希望される方は、確認のためできましたら当日までに佐藤までご連絡ください。
by Tomoichi_Sato | 2014-02-27 21:52 | プロジェクト・マネジメント | Comments(2)
Commented at 2014-02-28 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NAOKI SUGAWARA at 2014-03-16 15:28 x
3月17日の研究部会に参加したいのですが、よろしいでしょうか?
<< Push vs. Pull -... Pushで計画し、Pullで調整する >>