お知らせとごあいさつ

今回の事件に関し、何人かの方から心のこもったお見舞いの言葉を頂戴しました。お礼を申し上げます。

また、友人・親戚からは、お前は無事かと安否確認の問い合わせをうけました。わたし自身はずっと横浜にいて何事もありませんでしたが、ただ祈って待つ以外、何もできないことに耐えがたい思いでした。

アルジェリアの砂漠の地で、無念のうちになくなられた会社の先輩・同輩の方々に痛惜の念を表するとともに、ほかにもこの事件に巻き添えになり、罪もないのに命を落とされた大勢の方の、ご冥福を深くお祈りしいたます。

まことにやりきれない思いで、言葉もありません。
文章を書く気にもならず、ずっとこのサイトも更新せずにおりましたことをご了解下さい。


日揮株式会社
 佐藤知一

(なお、来月8日に計画しておりました「プロジェクト&プログラム・アナリシス研究部会」ですが、好川哲人氏をお迎えして予定どおり開催するつもりです。案内は、こちらのHPをご覧ください)
by Tomoichi_Sato | 2013-01-24 21:36 | ビジネス | Comments(2)
Commented by 佐藤創 at 2013-01-24 21:55 x
いつもブログを拝見させて頂いております。この度は大変な状況で、連日報道を聞くたびに残念でなりません。命を落とされた方々のご冥福をお祈りしいたます。
Commented by 石濱英門 at 2013-01-24 23:49 x
ブログと研究部会では常々勉強させて頂いております。今回の報道を通じて現地に赴かれてお仕事されていた方々が高い志と使命感を持って臨まれていたことが窺えました。尊い命と高い志が失われたこと、残念でなりません。良心あるアルジェリア人も悲しまれていると思います。同僚・先輩諸氏を失った佐藤さんの痛惜のお気持ちお察しいたします。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
<< お知らせ:「モノづくりIT E... 冬の夜話--欧州の経済と心理について >>