男声アンサンブル・ミニコンサートのお知らせ(9/17 午後@荻窪教会)

計画ともマネジメントとも関係ないですが、個人的なお知らせを一つさせてください。

プロのバロック・ソプラノ歌手Yさんの紹介で、声楽指導家の高橋康人先生にはじめて出会ったのは10年近く前でした。その頃わたしはある合唱団で歌を唄っていたのですが、我流の発声に限界を感じて、プロの先生に見てもらいたいと思ったのです。

最初、高橋先生の公開講座に参加し、それから個人レッスンを何度か受けました。口の開け方、立ち方、母音の作り方など「目からウロコ」の連続です。とくに最初練習させられたのは「力の抜き方」でしたが、これがとても難しい。いつの間にかすぐ、余計な力が喉や口などあちこちにかかってしまうのです。

とはいえ、単なる素人が個人でレッスンを受けるのは費用もかかりますし、モチベーションも続かない。ちょっと間が空いてしまったところに、高橋先生の方から、「男声のアンサンブルを作ったから参加しませんか」との誘いがありました。わずか数人のアンサンブルですから、練習の中でも、ほとんど個人指導に近いアドバイスをもらえます。それに、やはり音楽は声が重なった方がずっと面白いですよね。

そういうわけで活動を続けて、もう5年を超えました。今回、荻窪教会という場所を借りて4回目のミニコンサートを開催します。曲目は、「少年時代」「見上げてごらん夜の星を」「希望の島」などやさしくて親しみやすいものが中心です。

上手な演奏を聴きに来てください、というのではなく、“自分も歌をやりたいが、こういう形の歌の練習の場もあるのなら、参加してみようか”と知っていただくチャンスとして、おいでいただければと思っています。もちろん無料です。メンバーの中には他の合唱団でも活躍中の者もいますが、まったく未経験ではじめた者もおります。参加資格は特にありません(まあ、残念ながら男性に限りますが^^)。

興味ある方のご来聴をお待ちしております。

「アンサンブル・ハイブリッジ」第4回ミニ・コンサート
日時:2012年9月17日(祝) 14時30分開場
場所:荻窪教会(杉並区荻窪4-2-10)
(無料)

佐藤 知一 (T.)
e0058447_21182526.gif

by Tomoichi_Sato | 2012-09-03 21:20 | 映画評・音楽評 | Comments(0)
<< コスト・エンジニアリングとは何か 交流と直流の違い、または技術者... >>