「生産スケジューリング」セミナー講演のお知らせ(5/24)

今月の下旬に、生産スケジューリングとリードタイム短縮に関するセミナー講演を行います。
有償セミナーですが、生産管理の基礎から海外工場への応用編まで交えて、1日じっくりと勉強していきましょう。

【講演タイトル】
「生産スケジューリングの基礎とリードタイム短縮および海外工場でのポイント」

【日時】 2012年5月24日(木) 10:30-17:30

【場所】 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
   日本テクノセンター研修室

【受講対象者】 
・製造業の製造・生産管理・生産技術・設計担当者、購買担当者などで基礎事項から学びたい方
・海外展開時のスケジューリングについてヒントを得たい方

【セミナーのねらい】
 本セミナーは、先日上梓した「“JIT生産”を卒業するための本―トヨタの真似だけでは儲からない」とも連動した企画です。

 グローバルな競争が進む今日、日本の製造業はますます国内生産か海外展開かの選択を迫られています。その一方、安価な労働力だけを当てこんで中国生産に踏み切った企業の国内回帰の動きも続いています。本講座では、コスト・品質と並んで競争力の三大要素である「時間」(納期)に焦点を当て、ジャスト・イン・タイムの生産能力を実現するための基本を学びます。

 ジャスト・イン・タイムというとトヨタが有名ですが、業界も慣習も全く異なる企業が、たんにトヨタの真似だけをしても、コストも下がらず納期も短くなりません。本講座では、生産活動の全体を「生産システム」という視点でとらえ直すことにより、今日の課題に対応できる定石と考え方を理解します。また、そのために必要な、新しい計画とスケジューリングの基本的技術を、数式等を避け直感的に理解しやすい講義を通じて、学べるよう工夫しています。

【プログラム概要】
 Ⅰ.はじめに ~ 製造業を理解するには
 Ⅱ.リードタイムと在庫には理論がある
 Ⅲ.自社の立ち位置と生産システムを理解する
 Ⅳ.スケジューリングの基礎知識
 Ⅴ.ジャスト・イン・タイム生産を実現する
 Ⅵ.進捗をコントロールする
 Ⅶ.海外工場展開とジャスト・イン・タイムの挑戦
 Ⅷ.おわりに--「ジャスト・イン・タイム問題」とは何か

プログラム詳細、費用ならびに申込み方法は、主催者である「日本テクノセンター」の下記HPをご覧ください。

http://www.j-techno.co.jp/test/index.cgi?mode=sem&unit=2012052401

本講演が、生産スケジュールの「時間の悩み」を抱える方々に少しでも役立てるものとなる事を願っております。


  佐藤 知一  拝
by Tomoichi_Sato | 2012-05-04 10:06 | ビジネス | Comments(0)
<< R先生との対話 - 戦略を語る... 品質とは(本当は)何だろうか ... >>