書評:「算法少女」

算法少女 遠藤 寛子・著 (ちくま学芸文庫)


江戸時代に出版された和算の書物「算法少女」をもとに、史実に忠実なかたちで創作された小説。神田に住む町医者の娘・千葉あきは、父の指導で算法(数学)の才能を開花させ、やがて、自身も算法家である久留米藩主・有馬公に見いだされるが・・。

元の和算書『算法少女』は1775年の出版である。江戸中期、すでに社会は安定し、逆に固定化されて、数学は発達しつつも純粋な知的趣味の対象となっていた。そしてまた、流派と家元制度にしばられ、まるで盆栽のような狭く偏った育ち方を強いられた時代でもあった。一方では、数学を、金銭を数える技術として卑しむ風潮もあった。

こうした中で、物語の後半に登場する本多利明という算法家が、数学は世の中が発展していくための基礎である、という新しい考え方を主人公あきに教える。それは、算法を『壺中の天』の楽しみ(つまり現実から逃避するオタク的知的娯楽)と考える、あきの父とはまったく異なった思想である。こうして物語は、新しい世の中の、明け方に希望を託すかたちで終わる。読み終わった後で、ほっとする感情を読者に残す小説である。わずかであるが、算法の問題ものっていて、答えが書かれていない分、読者が自分で考える楽しみもある。挿絵も良い。

こうした『理系好み』の、しかし歴史と文学に根ざした小説が、インターネットの「復刊ドットコム」のリクエストに応えて文庫で出版される点をみると、私たちの世の中もまだ多少は捨てたものではないと感じる。
by Tomoichi_Sato | 2011-09-29 18:00 | 書評 | Comments(0)
<< リードタイムとは、いつからいつ... マネジメントを専業化する分岐点... >>