ビジネスにおける「政治力」とは何か (つづき)

(また原文の末尾が表示されていないようなので、ここに最後の2パラグラフを転記しておきます)

ここでの書きぶりでもお分かりの通り、わたし自身はビジネスにおける『政治的』なるものはあまり好きではない。わたしは別に、企業内のあらゆる行動がすべて合理的であるはずだとか、合理的であるべきだ、などと単純に信じている訳ではない。だが、「政治的」なるものが跋扈しすぎる組織は、長くは成長できないと考えている。どこかに成長の限度があるはずなのだ。

どんな組織も拡大すると効率性のために分業と権力の序列を生み出すが、それが故に合理性を逸脱する危険性をも孕む。これは組織というものの持つ根本的矛盾なのだ。この矛盾を認識せぬまま、どんなに「合理的」な議論を振り回しても、それは空しいばかりだと思うのである。
by Tomoichi_Sato | 2011-02-28 22:13 | ビジネス | Comments(0)
<< 試験は誰の責任か - 人材のサ... ビジネスにおける「政治力」とは何か >>