お知らせ:「スケジューリングシンポジウム2010」で講演発表します

日本中のスケジューリング分野の専門家・研究者・実務家が年1回集う、「スケジューリングシンポジウム」(主催:スケジューリング学会)をご存じでしょうか? 今年は第10周年記念として、「スケジューリングシンポジウム2010」が、きたる9月10日(金)・11日(土)、千代田区の法政大学で開催されます。
今回はわたしがオーガナイザとして「プロジェクト・マネジメント」のセッションを企画しています(11日14:30~)。

講演者とタイトルは次の通りです。

リスク確率に基づく新しいプロジェクト評価の理論的枠組みについて
 ○佐藤 知一(日揮(株))

エンジニアリング・プロジェクトにおける機器資材調達マネジメント
 ○橋野 秀紀(東洋エンジニアリング株式会社)

CCPMの受託型ITプロジェクトにおける導入事例
 ○岡村 孝彦(株式会社NTTデータ)

個別受注生産型の大型産業機械における工程計画システムの適用事例
 ○木村 早帆(株式会社 荏原製作所)

ご興味がある方はぜひご来場ください。
by Tomoichi_Sato | 2010-08-31 00:16 | プロジェクト・マネジメント | Comments(0)
<< リスクに対する新しいアプローチ 書評 「バーナード 経営者の役... >>