人時は金なり


今でもよく覚えているが、新入社員のとき集合研修に参加していたら、ある講師がこう語った。「われわれエンジニアリング会社は、時間で勝負している。一人1時間働くと、7,500円という単価がかかる(注:金額は当時)。だから、君たち100人を相手に1時間半こうして話をするということは、会社は100万円以上のお金を使っている訳だ。だから、この講義の時間はそれだけの価値あるものにしなくちゃならない。」

あとで知ることになったのだが、1時間7,500円というのは平均の売値(Price)であって、人件費原価(Cost)ではない。もちろん、自分達がそんな高い時給をもらえるわけでもなかった。なのにその先輩が「100万円以上のお金を使っている」と説明したのは、つまり顧客に売ればそれだけの収入の可能性があるのに、あえて教育研修に振り向けている機会損失コストのことを言っていたわけだ。

機会損失というのは、分からない人にはちょっと分かりにくい。これは“釣り逃した大魚の代金”みたいなものだからだ。財務諸表のどこを探しても出てこない。でも、たとえば今、宝くじの一等の当たり券を持っているとしよう。購入代金は300円だった。つまり原価は300円である。でも、当たりくじは3億円に換金できる。さて、もしこの当たりくじをゴミ箱に、ぽいと捨ててしまったら、自分はいくら損をしたことになるだろう? 300円か、それとも3億円か?

手取りで時給1,000円にもみたぬ当時の新入社員であっても、たとえば設計マニュアル通りに熱交換器のデータシートを記入したり計算ソフトを回したりすれば、そのプロダクトについて石油メジャーは1時間7,500円相当の金額を支払ってくれた(時間数が適正で結果が正確である限り)。それがある意味で欧米流の人時の考え方なのだった。プロフェッショナル・サービスに対しては、時間コストが付随する。そして、それは売り手側にとっては機会損失で測られる。かんじんの講義の内容は忘れたが、今でもそのことだけは身にしみて忘れない。

さて、1時間7,500円ということは、1日8時間働くと6万円である。もしあなたが、自分の作成した役員会用の資料の図表のデザインや文言のあれこれについて、小心な上司からあれこれ注文をつけられて、修正作業に1日半かかったら、10万円がすっ飛ぶ勘定である。またこれを1分あたりに換算すると、毎分125円である。ケータイの通話料なんかより、ずっと高い。貴方が誰かに自分の携帯を貸してあげて、相手が使った後もずっと回線をつなぎっぱなしだったら、かなり腹が立つだろう。だとしたら、自分が意味のない会議やら挨拶やらにずっとつきあわされたら、(たとえそれが自分の上司でも)抗議するべきなのだ。

いや、もっというと、秒単位に換算すると、1秒2円以上だ。ということは、お辞儀したらすぐ5円、あくびしてもすぐ5円が失われる。もし1円玉を床に落としても、かがんでそれを拾ったりしたら、もう10円がとこは使ってしまう。ということは、1円玉を落としても、拾ってはいけないということだ。

そんなのはエンジニアリング会社の特殊な事情さ、と貴方はおっしゃるだろうか? じつは、そうでもないのだ。人日や人月でプロジェクトを受注しているIT業界の人はよく知っているはずだが、人時7,500円はそれほど高い金額ではない。月160時間労働だとしても、人月120万円だ。この程度の単価をSEにたいして請求する企業はざらにある。

しかしその一方で、まったく逆の感覚をもつ組織も少なくない。それは、ホワイトカラーのマンパワー(マンナワー)に対して、何のコスト意識もない会社だ。つい最近、頼まれてある製造業で、プロジェクト・マネジメントに関する簡単なレクチャーをした。そこで例によって目的・ゴール・目標の定義や、プロジェクトCHARTER(憲章)の作成などを説明したのだが、いざプロジェクトの概略予算を書いてもらうと、その中に一切自社内の人時コストが含まれていないのだ。技術部門や企画部門の人間は、いくら使おうと、タダであるという感覚が身に染みついているらしい。

その会社は繰返し受注生産が中心の会社なので、技術部や企画部の人件費は「販売管理費」の中に入っている。だから、いくら使ってもタダだ(文句を言われない)という感覚になるらしい。まあ、個別受注生産でない限り、タイムシートで記録した作業時間を案件別に振り分けることなど困難だから、この会社のような感覚が蔓延するのも分からぬではない。

しかし、だとすると、なぜ製造現場では時間分析を執拗に実施して、労働者が半歩でも余計に歩く動作まで切り詰めたがるのかが、分からない。それも、今や現場の大半は派遣労働者で、たいして高い単価ではない。1秒切り詰めたって、1円にもなるまい。そのかたわら、大卒の技術者が本社で、上司に説明するパワーポイントの字体の大きさをめぐって1時間も2時間も残業しているのか。現場と比べてアンバランスではないか。

マンパワー(マンナワー)はお金である。だから、オフィスワークについても、出来高と、生産性を明確に定義して、測定できるようにする必要がある。いや、少なくとも、人時を浪費したら、それはお金の浪費であるという感覚を持つ必要がある。不況だ不況だといって仕入れ先や外注先をたたく前に、もっとやるべきことがあるはずなのである。
by Tomoichi_Sato | 2009-06-24 23:28 | 時間管理術 | Comments(0)
<< NUMMIは終わった 目標、計画、ターゲット(3)-... >>